PRESS

Photo: PRESS

ミューズはアメリカのテレビ番組で新作より“Pressure”のパフォーマンスを披露している。

ミューズは11月9日に通算8作目となるニュー・アルバム『シミュレーション・セオリー』をリリースしている。

「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」からの映像はこちらから。

ミューズのフロントマンであるマシュー・ベラミーは先日、政治に対する見解を語り、「基本的に政党政治という考え方そのものに反対」していると明かしている。

「基本的に、僕は政党政治という考え方そのものに反対なんだ」とマシュー・ベラミーは『フォーブス』誌に語っている。「思うに、政党という考え方が民主主義を乗っ取ってしまっているんだよ。アメリカの政治システムのほうが、多くの点でUKよりも優れていると思うよ。構造と言うべきかな、そのほうがふさわしいかもしれない。アメリカの上院に当たるUKの貴族院は、選挙で選ばれてすらいないからね。状況はみんなの想像と同じくらいひどいものなんだ。多くの点で、アメリカは世界の他の場所よりも構造的にかなり先を行っていると思うよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ