2013GreenDay_Reading_EM_-12-230813

グリーン・デイのフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングは、6月24日(水)にノラ・ジョーンズとライヴを行った。

ビリー・ジョーとノラ・ジョーンズはコラボレーションによるアルバム『フォーエヴァリー』を2013年にリリースしており、エヴァリー・ブラザーズの1958年の楽曲“Songs Our Dassy Taught Us”などをカヴァーしている。

二人はニューヨークのマンハッタンにあるザ・バワリー・エレクトリックで200人のファンを前に貴重なライヴを行ったと米『ビルボード』誌が報じている。ライヴは1時間行われ、先述したアルバムからの楽曲を披露した。

ファン撮影した映像は以下で観ることができる。

一方、ビリー・ジョーは先日、通算12作目となる次のアルバムについて語っている。

米『ローリング・ストーン』誌にビリーは以下のように語っている。「本当にすごくいい感じで行っているんだよね。俺たちも興奮してるよ。何曲か曲を書いたんだけど、みんなそれを聴いて盛り上がっててさ、それに取り組みたいし、素晴らしいアルバムを作りたいよね」

グリーン・デイは2012年に三部作『ウノ!』『ドス!』『トレ!』をリリースしており、『トレ!』については1992年発表の『カープランク』以来、全英チャートで最低となる31位を記録することになった。2014年のレコード・ストア・デイには三部作のセッションの別テイクを集めたアルバム『デモリシャス』をリリースしており、同作には“State of Shock”という未発表曲も収録されている。

バンドのプロデューサーを長年務めてきたロブ・キャヴァロは、先日ニュー・アルバムのために書かれた5曲を聴いたと語っており、ビリーは先ほどのインタヴューで詳細に語っている。「今は4〜5曲あるんだけど、すごくゆっくり書いていったんだ。あらゆる瞬間に刺激は溢れてるし、俺たちは何か特別なものを持っているんだということを確かめていったんだよね。それで今は何曲かあるわけだけど、正しい方向に進んでいると思うんだよね」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ