GETTY

Photo: GETTY

ビヨンセは現地時間11月6日に投票が行われたアメリカ中間選挙に出馬しているベト・オルークを支持することをインスタグラムで表明している。

ベト・オルークが出馬したテキサス州は現職の共和党候補であるテッド・クルーズが優勢と見られており、過去20年以上にわたって民主党候補が勝利したことはないことで知られている。しかし、ベト・オルークはネットを駆使した選挙戦術で急激に人気を集めるようになっていた。

なお、ベト・オルークは若い頃にアット・ザ・ドライヴ・インやマーズ・ヴォルタの活動で知られるセドリック・ビクスラーとフォスというバンドを組んでいたことでも知られている。

今回、ビヨンセは黒と白の「ベトを上院議員に」と書かれたキャップを被った2点の写真と1点の動画をインスタグラムに投稿している。

動画のキャプションには次のように記されている。「声を上げる権利を私たちにもたらすために、私よりも先に懸命に闘ってきたすべての人に感謝の念を感じているの。投票をして、やり直すための権力を行使しない限り、私たちは何が間違っているのかについての不満や訴えを声に出すことはできない。みんなが必要なの。お互いに私たちはみんなを必要としているの。なぜなら、本当に私たちが団結したら、止められないからよ。この素晴らしい投票日に愛とポジティヴィティを送るわ。すべての投票がカウントされ、すべての人種にまつわることで、あらゆる場所で言えることなの」

今回のアメリカ中間選挙についてはテイラー・スウィフトが自身の政治的姿勢を表明したことも大きく報じられている。

テイラー・スウィフトはその政治姿勢については沈黙を保っていたことで知られ、2016年のアメリカ大統領選挙の際にはドナルド・トランプへの見解を口にしなかったことで批判も受けていた。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ