GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイのフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングは、彼らの1994年のアルバム『ドゥーキー』にオマージュを捧げたと見られる、ヴィンス・ステイプルズの最新作のアートワークを称賛している。

カリフォルニア州ノース・ロング・ビーチ出身のラッパーであるヴィンス・ステイプルズは11月2日に、アール・スウェットシャツやタイガ、ケラーニらが参加した通算3作目となる最新作『FM!』をリリースしている。

日本人アーティストのVERDYが手掛けた、コミカルなキャラクターたちの集まる砂浜に押し寄せる津波の上に『FM!』というタイトルが描かれた本作のアートワークは、リッチー・バッカーが手掛けた著名な『ドゥーキー』のアートワークを彷彿とさせるものとなっており、同作からの影響が見て取れる作品となっている。

ビリー・ジョー・アームストロングは現地時間11月5日にインスタグラムでその類似性に触れ、『ドゥーキー』へのオマージュと見られるアートワークに好意を寄せており、両方のアートワークを投稿して「すごく気に入ったよ」とコメントしている。

View this post on Instagram

I love this

Billie Joe Armstrongさん(@billiejoearmstrong)がシェアした投稿 –

グリーン・デイの他のニュースとしては、スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンが先日、大きな成功を収めた彼らの2004年のアルバム『アメリカン・イディオット』について「ギター主体でマスに届いた」最後のアルバムだと称賛している。

ビリー・コーガンはビリー・ジョー・アームストロングについて、カート・コバーンなどの「そうした偉人に匹敵する存在だ」としているほか、『アメリカン・イディオット』についてはカルチャーに影響を与えた最後のアルバムと評している。

『アメリカン・イディオット』の功績はリリース後も続くこととなっており、『アメリカン・イディオット』はミュージカルになったほか、今後HBOでは映像化も進められている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ