GETTY

Photo: GETTY

キッスはアメリカのテレビ番組「ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン」に出演して、“Rock and Roll All Nite”のスペシャル・パフォーマンスを行っている。

これはジェームズ・コーデンもパフォーマンスに加わって、歳をとってロックンロールすることが難しくなった心境を1人だけ歌おうとするものとなっている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

キッスは同番組でハロウィンの日に“Shout It Out Loud”のパフォーマンスも披露している。

キッスは「エンド・オブ・ザ・ロード」と題したファイナル・ツアーを行うことを発表している。ツアーは2019年1月に行われるヴァンクーヴァー公演からスタートする。

バンドはツアーについて次のように述べている。「過去40年間で俺たちが築き上げたもの、勝ち取ってきたものは、これまでライヴハウスやアリーナ、スタジアムを埋めてくれた世界中の多くの人々なしにはありえなかったものなんだ。このツアーはこれまで俺たちを観てきてくれた人には究極のお祝いになるだろうし、俺たちを観たことのない人にはラスト・チャンスになるよ」

「キッス・アーミーよ、俺たちは過去最大のショウと共に最後のツアーでお別れを言うことにするよ。これまでやってきたのと同じやり方で行こうと思うんだ。悪びれず、止められないっていうね」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ