GETTY

Photo: GETTY

アレサ・フランクリンの秘蔵ドキュメンタリー作品が46年の時を経て、遂に公開されるという。

このドキュメンタリー作品はアレサ・フランクリンが1972年にロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプテスト教会で行ったライヴを収録したもので、この時の音源はライヴ・アルバム『アメージング・グレイス』としてリリースされ、キャリア最大のヒット作となっている。

音声と映像が合わないという技術的な問題から長年にわたって公開が見送られてきたが、『ヴァラエティ』誌によれば、ドキュメンタリー映画祭「DOC NYC」で現地時間11月12日に上映されるという。

本作のトレイラー映像はこちらから。

Amazing Grace Trailer 072718 from alan elliott on Vimeo.

アレサ・フランクリンは今年8月に膵臓ガンとの闘病の末に亡くなっている。享年76歳だった。

葬儀は8月31日にデトロイトで執り行われ、スティーヴィー・ワンダーやジェニファー・ハドソン、チャカ・カーンらがパフォーマンスを行っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ