GETTY

Photo: GETTY

元ディアハンターのベーシストであるジョシュ・フォーヴァーが亡くなったことが明らかになっている。

現時点で正式な死因については明らかにされていない。享年39歳だった。

アトランタ出身のディアハンターにジョシュ・フォーヴァーは2004年に加入しており、翌年にリリースされたデビュー・アルバムにも参加している。ジョシュ・フォーヴァーは全4枚のアルバムに参加しており、2010年発表のアルバム『ハルシオン・ダイジェスト』、『フローレセント・グレイ』や『レインウォーター・カセット・エクスチェンジ』といったEPが最後の参加作品となっている。

通算5作目となる『モノマニア』に取り掛かる前の2012年にジョシュ・フォーヴァーはバンドを脱退しており、フロントマンのブラッドフォード・コックスは後に脱退について「ピッチフォーク」に次のように語っている。「ケンカとか、荒立たしいことはなかったよ」

ジョシュ・フォーヴァーはアトランタのバンドであるエレクトロスリープ・インターナショナルやS.I.D.S.といったバンドにも在籍し、自身のプロジェクトであるダイエット・コーラといった活動も行っていた。アーミー・オブ・バッド・ラックというインディ・レーベルも運営しており、地元のバンドであるプレジャー・クルーズやバトルキャット、オースティン出身のファイナリー・パンクの作品をリリースしている。

現地時間11月3日、ディアハンターはインスタグラムにジョシュ・フォーヴァーとの写真を投稿し、「今は非常に大変なんだ」とキャプションに綴っている。

View this post on Instagram

Very difficult times now

Deerhunterさん(@deerhuntermusic)がシェアした投稿 –

ファンや友人はソーシャル・メディアで追悼の意を表している。

「僕らは昨日、ジョシュ・フォーヴァーという特別な人物を失ったんだ。優しい男で、アトランタの音楽やすべての音楽にとって不可欠な人だった」

「歴代においても僕のお気に入りのベース・プレイヤーの一人であり、これまで会った中でも最も素敵な人だったジョシュ・フォーヴァーが亡くなった。安らかに、ジョシュ」

「ジョシュ・フォーヴァーが亡くなったと聞いて、本当に悲しいよ。ライヴでもスタジオでもディアハンターでの彼の功績は本当に大好きなんだ。ジョシュの遺族やすべてのディアハンターのファミリーに愛を送るよ」

「悲しいニュースだ:ジョシュ・フォーヴァーはツアーで訪れた時に何度かしか会ったことがないけど、素晴らしそうな人だった。ブラッドフォード・コックスは常にディアハンターでもベストと思える楽曲、ひいては僕の最もお気に入りの楽曲の一つを彼が書いたことをみんなに知らせていたんだ」

「ジョシュ・フォーヴァーが亡くなったと聞いて、打ちひしがれている。彼は本当に素晴らしい人の1人だった。これは2008年にホロシーンで私が会った時のジョシュの写真よ。彼はすごく素敵な人で、やさしい方だった。傷ついているわ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ