David Lee / Focus Features

Photo: David Lee / Focus Features

プリンスによる未発表だった音源“Mary Don’t You Weep”がエンドロールに使われているスパイク・リー監督作『ブラック・クランズマン』が2019年3月に日本公開されることが決定している。

映画『ブラック・クランズマン』は、1979年に黒人刑事が白人至上主義団体であるKKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという同名ノンフィクション小説を映画化したもので、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞している。

主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントンで、ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じている。

映画の詳細は以下の通り。

タイトル:ブラック・クランズマン
公開表記:2019年3月、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督・脚本:スパイク・リー 製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
配給:パルコ 宣伝:スキップ&NPC
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:BlacKkKlansman/映倫:G指定

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ