GETTY

Photo: GETTY

ジェイムス・ブレイクが、ボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノンと共にサイモン&ガーファンクルのカヴァーを披露している。

今回カヴァーした“The Sound Of Silence”は、1964年に書かれてリリースされた楽曲で、ジェイムス・ブレイクとジャスティン・ヴァーノンは、10月8日に放送されたBBCラジオ1のジェイムス・ブレイクによる「レジデンシー・ショウ」のなかでカヴァーをオンエアしている。

ジェイムス・ブレイクはこのカヴァーで番組を締めくくり、昨年の大晦日に亡くなった友人に捧げている。

ジェイムス・ブレイクとジャスティン・ヴァーノンの二人は様々なトピックについても番組で話しており、ジャスティン・ヴァーノンが地元で開催しているフェスティバル、オークレアにジェイムス・ブレイクが出演する可能性なども語られている。

ジェイムス・ブレイクとジャスティン・ヴァーノンの二人は、『イナフ・サンダーEP』に収録されている“Fall Creek Boy’s Choir”でもコラボレーションを行っている。

ジェイムス・ブレイクとジャスティン・ヴァーノンによる“The Sound Of Silence”のカヴァーはこちらから。

オリジナルの“The Sound Of Silence”はこちらから。

ジェイムス・ブレイクは今年サード・アルバム『レディオ・サイレンス』をリリースするものと考えられている。アルバムにはボン・イヴェールが参加しているほか、カニエ・ウェストとコナン・モカシンも参加しているという。

ジェイムス・ブレイクは以前にアルバムについて次のように語っている。「今アルバムの曲を書いているんだけど、これまでよりずっとそこに集中しているんだよね。より楽しいしね。最終的にどうなるかはなかなか言えないけど、ワクワクしてるよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ