GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーは、先日公開されたヌード写真を出版・配信したメディアについて訴訟すると警告したことが報じられている。

ジャスティン・ビーバーは、南太平洋にあるボラ・ボラ島で休暇中の際に裸の写真を撮影されている。

『ニューヨーク・デイリー・ニューズ』紙は、10月7日にメディアのなかでも最初にパパラッチの写真を出版・配信している。

「ハリウッド・レポーター」によれば、ジャスティン・ビーバーの弁護士団は、出版社に写真を削除するよう掲載停止通告書を送ったという。

掲載停止通告書には次のように書かれているという。「先頃、御社がわたしどものクライアントの衣服を着てない非認可の写真を入手し、公開しようとしていることを知らされました」

ジャスティン・ビーバーの弁護士団は、それらの写真がプライバシーの権利と肖像権を侵害していると述べている。

『ニューヨーク・デイリー・ニューズ』紙は、出版時に写真を削除することはなかったが、局部を隠す編集を加えている。

ジャスティン・ビーバーは通算4作目となるニュー・アルバムを11月13日にリリースする。先日、ワン・ダイレクションが通算5作目のアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』を同日発売することを発表したが、そのことについてジャスティン・ビーバーは「プロモ戦略」だとしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ