GETTY

Photo: GETTY

コーンのブライアン・“ヘッド”・ウェルチは、マリリン・マンソンのコンサートで出くわしたエド・シーランの写真を公開している。

ブライアン・“ヘッド”・ウェルチと同じくコーンのジェイムズ・“マンキー”・シャファーは現在、ニュー・アルバムに取り組んでいるナッシュヴィルでエド・シーランと遭遇している。

3人はナッシュヴィルのマラソン・ミュージック・ワークスで行われたマリリン・マンソンの公演の楽屋で一緒になったという。ブライアン・“ヘッド”・ウェルチはこの思いがけない遭遇についてインスタグラムに自身とエド・シーランのセルフィをアップして、詳細を明らかにしている。

彼は次のように述べている。「マリリン・マンソンのコンサートで俺とジェイムズ・“マンキー”・シャファーの横を、あのエド・シーランが歩いてたんだ。それで、今日コーンの“Freak On a Leash”を聴いていたことを教えてくれたんだ。何も驚くには当たらないだろ?」

一方、エド・シーランはニュー・アルバムについてキャリアの初期にやっていたような「実験的なもの」になる可能性を示唆している。エド・シーランは世界的な成功を収める以前、2011年に『No.5 コラボレーション・プロジェクト』と題したEPをリリースしており、その中でワイリーやデヴリン、JME、スウェイらとコラボレーションをしている。

「またそういうことをやってみたいと思っているんだ」とエド・シーランは語り、続けてEPについて「おそらくこれまでにやった最も興味深いプロジェクト」だとしている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ