GETTY

Photo: GETTY

ゼインはレイドバックしたR&Bトラックの新曲“Fingers”を公開している。

新曲“Fingers”は2016年発表の『マインド・オブ・マイン』に続くゼインのセカンド・アルバムから公開された最新楽曲となっている。

“Fingers”は現地時間10月18日に公開されており、「過去2年の体験とインスピレーションの集大成」となると言われているセカンド・アルバムのリリースへの機運が高まることとなっている。

歌詞としては「携帯電話を通した報われない恋の物語」が描かれており、この夏にロンドンでゼインによって作曲とレコーディングが行われたという。

“Fingers”の音源はこちらから。

“Fingers”はゼインによってリリースされた今年5曲目の楽曲となっていて、これまで“Let Me”、“Entertainer”、“Sour Diesel”、ティンバランドが参加した“Too Much”がリリースされている。

今年3月、ゼインはニュー・アルバムが完成したことを明かしており、「歳をとって成熟したという点で前作とはちょっと違うものになっているんだ」と語っている。

ゼインは今年オリジナル曲に加えて、エルヴィス・プレスリーによる1961年発表の楽曲“Can’t Help Falling In Love”のカヴァーもリリースしている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ