GETTY

Photo: GETTY

先日、ニルヴァーナの楽曲を共に演奏したデイヴ・グロールとクリス・ノヴォゼリックは、再びニルヴァーナの楽曲を演奏する可能性があることを認めている。

現地時間10月6日フー・ファイターズが主宰するフェスティバル「カルジャム」で、ニルヴァーナの現存するメンバーは共演を果たしており、これは2014年にニルヴァーナがロックの殿堂入りを果たして以来のパフォーマンスとなっている。

デイヴ・グロール、パット・スメアとクリス・ノヴォゼリックは全6曲を演奏しており、バンドにはジョーン・ジェットとディア・ティックのジョン・マッコーリーが参加している。2014年にニルヴァーナがロックの殿堂入りを果たした際にも同じメンバーでライヴを行っている。

今回、デイヴ・グロールはパット・スメアとクリス・ノヴォゼリックと共にパフォーマンスを今後も行う可能性があることを認めている。ただし、それは状況次第だという。

「ロックの殿堂で演奏した後、もし機会があったら、もう一回やってみるというアイディアについて考えていたんだ」デイヴ・グロールは『ケラング!』誌にこう語っている。

「でもデリケートな話だし、他のライヴと同じようには扱えなくてね」とデイヴ・グロールは続けている。「すごく複雑で、そしてすごく特別なものだからね。ある瞬間に自然と起こるのが、一番良いやり方だと思っていてね」

クリス・ノヴォゼリックは次のように語っている。「個人的には、またあのメンバーであれらの曲を演奏できたのは最高だったね」

クリス・ノヴォゼリックはまたデイヴ・グロールと近い考え方であるとして、ニルヴァーナの曲を演奏することについて「定期的なもの」にはならないとしており、「サーカス」になることはないと語っている。

このインタヴューで、デイヴ・グロールはここ20年以上の中で2度目となった“Smells Like Teen Spirit”の演奏について、圧倒的な体験だったと語っている。

「宇宙空間に撃たれたような心地だったよ」と彼は語っている。「あのドラム・フィルを演奏して、コーラスに雪崩れ込むことができるっていうのは……スピリチュアルで、肉体的で、感動的なことだったよね」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ