テイラー・スウィフトは自身の最新作『1989』をストリーミングさせないという方針を覆し、近々始まるストリーミング・サービス、アップル・ミュージックにアルバムの音源を提供することを発表した。

アップルは先日、最初の3ヶ月の無料トライアル期間はミュージシャンやプロデューサー、作曲者といった権利者にロイヤリティを支払わないという方針を逆転させることになった。テイラー・スウィフトが公にアップルを批判したことで、アップルは考えを改め、そして本日テイラー・スウィフトも自らの考えを変えることになった。

以前、テイラー・スウィフトはミュージシャンに支払われるロイヤリティが少ないことを理由にスポティファイといったストリーミング・サービスから音源を引き上げている。しかし、テイラーは本日アップル・ミュージックと組むことについて「腑に落ちた」ことを表明している。

テイラー・スウィフトは次のように述べている。「この1週間の一件を受けて、アップル・ミュージックに『1989』の音源を提供することに決めたわ……すごく嬉しい。これは何もアップルが他のアーティストとやっているように、独占で配信するということじゃないの。単純に自分のアルバムをストリーミングさせることについて腑に落ちたんだよね。ありがとう。アップル。考えを改めさせてくれて」

実際のツイートは以下の通り。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ