Yuki Kuroyanagi

Photo: Yuki Kuroyanagi

ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインは日本で撮影した“Not Dead Yet”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Not Dead Yet”は6月にリリースされた通算6作目となる最新作『グラヴィティ』に収録されている。

“Not Dead Yet”のミュージック・ビデオはこちらから。

ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインのフロントマン マット・タックはミュージック・ビデオについて次のように語っている。「サマーソニック2018に出演した後、“Not Dead Yet”のビデオを日本で撮影したんだ。日本でビデオ撮影したことがなかったから、やらない理由はないと思った。日本の映像制作会社、maxillaの素晴らしい手腕のおかげで、ビジュアルは見事だ。俺たちはこの曲が大好きだし、新しいビデオを早くみんなに観てほしい」

maxillaはミュージック・ビデオについて以下のコメントを寄せている。「ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインのビデオを撮影したことは大変光栄です。しかも東京で! このプロジェクトに関わったすべての人に感謝します。そしてこれを読んでいる皆さんがビデオを気に入ってくれたらうれしいです。アリガトウ!」

ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインは、9月中旬から1か月間全米ツアーを行い、10月24日にはヨーロッパ・ツアーがスタートする。

最新作のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ