PRESS

Photo: PRESS

アヴリル・ラヴィーンは最新シングル“Head Above Water”のスタジオ・ライヴ映像が公開されている。

“Head Above Water”は9月19日にリリースされ、ライム病との闘病生活から復帰したアヴリル・ラヴィーンにとっての初めての楽曲となっている。

スタジオ・ライヴ映像はこちらから。

先日公開された“Head Above Water”のミュージック・ビデオはこちらから。

アヴリル・ラヴィーンは先日、音楽活動に復帰することを発表しており、ファンに宛てた声明を発表している。

「あの日々は私の人生において最悪の日々で、肉体的にも精神的にも闘いを経験してきました」とアヴリル・ラヴィーンは綴っている。「ベッドやソファの上で曲を書いて、ほとんどの曲もそこでレコーディングしました。言葉や歌詞は私の経験を忠実に描写したもので、自然と思い浮かんできたものです」

「自分が死にかけていると思って、自分が死ぬことを受け入れていたの」とアヴリル・ラヴィーンは続けている。

「母がベッドで一緒に寝てくれて、私を助けてくれたの。自分が沈みかけているような気分だった。私は小声でこう祈っていたわ。『助けてください。水から頭を出してください』とね。その時から、このアルバムの楽曲制作を始めたの。何かと接触したような心地だったわ。すごくスピリチュアルな体験だった。その時からずっと、私の中から歌詞が溢れ出ているの」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ