PRESS

Photo: PRESS

フレンドリー・ファイアーズは新曲“Heaven Let Me In”が公開されている。

“Heaven Let Me In”はディスクロージャーが共同プロデュースで参加している楽曲となっていて、2019年にリリースされる見込みのサード・アルバムに収録されるものと見られている。

“Heaven Let Me In”の音源はこちらから。

フレンドリー・ファイアーズは今年4月にカムバック・シングルとなる“Love Like Waves”をリリースしており、サマーソニック2018に出演を果たしている。

フレンドリー・ファイアーズは“Love Like Waves”までしばらく時間が空いたことについて次のように語っている。「クリエイティヴィティというのは刹那的なものでね。溢れ出すこともあれば、自信が作品の完成へと導いてくれることもある。苦労する時だってあるわけで、そうやって格闘してみても、より困難な事態を迎えて、何も出てこないような時だってあるんだ」

「それで、僕らはその困難な長い時期の最後に辿り着いて、より溢れ出すような状況に近付いている感じがしているんだ。僕らが過去に設定した基準に見合う楽曲を作っているんだよ。僕らの間の人間関係は良好だし、僕らの人生における最も重要な取り組みである、このバンドのためにも新章を書き上げたいんだよ」

彼らは次のように続けている。「ここまで辿り着くのには時間がかかったし、覆水盆には返らないわけだけどさ。長い休みをとるのが最善の策であったかもしれない時期を経て、僕らはやっと戻ってきたんだ。僕らはエドの古いガレージで作業をしてて、まさに始めた時のような感じなんだ。僕らが個々人のハマっているもの――それは主にモジュラー・シンセだとかだけどさ、それがやっとコントロール下に置かれた感じなんだ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ