GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは新たなインタヴューで自身のソングライティングのテクニックやロック・バンドを聴かない理由、依存症の問題などについて語っている。

サード・アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』についての『ニューヨーク・タイムズ』紙とのインタヴューの中でマット・ヒーリーは次のように語っている。「ロック・バンドは聴いてないんだ……長い間ずっとね。そうしてきたのはいろんな点でいいからなんだけどさ」

「俺の曲の書き方っていうのは、好きな曲を聴いて、それをコピーすることなんだ。それで、俺の好きな曲ってのはロック・バンドのものじゃないんだよ。古典的なものを除けばね」

マット・ヒーリーはまた、どちらもイギリス出身のギター・バンドだという理由だけで、アメリカでアークティック・モンキーズと結び付けられることが嫌だと語っている。

「みんな、『アークティック・モンキーズも聴いてるよ』って言ってくるんだけどさ」と彼は語っている。「違うんだよ! まったく関係ないわけでね。これっぽっちもね……俺たちはギターを使ってるけど、それって俺たちのことをマイクロフォン・バンドって呼ぶようなものだよ。同じように、俺たちもマイクは使うからね」

マット・ヒーリーは過去には、アークティック・モンキーズの最新作『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』のような作品を自分たちが作れない理由について語っていた。「どうすればああいうふうにできるのか、俺には分からないんだけどさ。俺にはない能力だよ」とマット・ヒーリーは『NME』に明かしている。

マット・ヒーリーは他にも『ニューヨーク・タイムズ』紙とのインタビューの中でバンドの主題的なアプローチから大学生の使用者が多いことで知られるソーシャル・メディアの「タンブラー」に自分たちを喩えている。「恋愛に対して理想主義的で、エッジーで、だけど綺麗な若い女の子たち、そういう人が母親の車でかけてたりするんだよ」

バンドの話題に加え、マット・ヒーリーは、自身の依存症との闘いについても語り、ヘロインの使用に対する治療が必要だったことを明かしている。マット・ヒーリーは現在は依存症から回復したものの、その経験はまだ曲を書くことに影響を与えているという。

「ここ最近の思い出が依存症に苦しめられたことだったとしたら、そうなるわけでさ」と彼は語っている。「俺はすべてを失ったわけじゃなかったけど、愛する人全員(から罵られるの)を恐れていたんだ。それで十分だったよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ