PRESS

Photo: PRESS

クイーン、そしてフレディー・マーキュリーの生涯を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の公開を記念して、ショーン・メンデスによる“Under Pressure”のカヴァーが配信されている。

テディ・ガイガーによってプロデュースされ、テディのゲスト・ヴォーカルもフィーチャーされた今回のカヴァーは、フレディの死後、クイーンのブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、そしてクイーンのマネージャーであったジム・ビーチによって設立されたエイズとと戦うチャリティー団体「マーキュリー・フェニックス・トラスト」をサポートするために行われるクイーン・カヴァー企画の第1弾となっており、この楽曲の売り上げの利益は全てこの財団に寄付される。

カヴァー音源はこちらから。

「僕の大好きな“Under Pressure”をカヴァーすることで伝説の存在であるフレディとクイーンをサポートできるなんてとても光栄です。この楽曲制作を、僕のコラボレーターであり親友の一人であるテディ・ガイガーと一緒にできたことは、とてもエキサイティングな経験となりました」とショーン・メンデスはコメントしている。

クイーンのマネージャーであるジム・ビーチは次のようにコメントしている。「非常に才能のあるアーティストのショーンが、今回テディと一緒にクイーンとデヴィッド・ボウイによる名曲の素晴らしいヴァージョンを作り上げてくれました。マーキュリー・フェニックス・トラストの私たち全員、世界中でエイズを撲滅するために今も戦っている私たちを支援していただいて、ショーンとユニバーサル ミュージック グループに対して大きな感謝でいっぱいです」。

ユニバーサル ミュージック グループのデイヴ・ラッコも次のようにコメントしている。「ユニバーサル ミュージックは、世界中の偉大なアーティストたちのホームであり、今回、私たちの最も偉大なるバンドの一つであるクイーンを祝うために、最も光り輝く若手スターの一人であるショーン・メンデスとともに素晴らしい仕事を行うことができました。今回の企画を共同で行うことができ、マーキュリー・フェニックス・トラストに寄付できることを誇りに思います」

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は11月9日に日本公開される。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ