GETTY

Photo: GETTY

ジャック・ホワイトは最近、自身の暮らしているナッシュビルで開かれたパーティーに参加したが、他の参加者にまったく気付かれなかったという。これは主催者の息子が、写真で彼を見つけたことで明らかになっている。

ジェディディア・ジェンキンスのインスタグラムによると、元ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトは、ジュディディア・ジェンキンスが育ったストリートで開かれた隣人同士のポットラック・パーティー(ゲストが料理を持ち寄る形式のパーティー)に参加している。

このパーティーはジェディディア・ジェンキンスの母親が年に一度開いているもので、ジャック・ホワイトは他の参加者と会話を楽しみ、定期的に参加できていないことを詫びていたという。

ジェディディア・ジェンキンスはパーティーの写真を見て初めて、有名なミュージシャンであるジャック・ホワイトが参加していることに気付いたという。

「僕たちのストリートの一番奥に、木に囲まれた大きな門の歴史ある家がある。僕たちはそこに誰が住んでいるのか全然知らなかった。でも、時々、ガレージからギターの音が聞こえていたんだ」トラベル・ライターであるジェディディア・ジェンキンスは、さらに次のように続けている。

「今年、事前の通知もなく、突然そこの住人が近所の集まりに現れ交流することを決めたみたいだ。もちろん誰も彼が誰か分からなかった。『ジャック・ホワイト、はじめまして』。彼は、いつも家を空けていて何年も機会を逃したことを詫びていたらしい」

ジェディディア・ジェンキンスがインスタグラムにアップした写真は以下の通り。

この写真はすごい。家族がメールで送ってきたんだ。聞いて欲しい。

僕の子ども時代の家の前で、母親が近所のポットラック・パーティーを手伝っているんだ。僕たちの小さな袋小路には、主にお年寄りとか、静かに暮らす人が住んでいる。家はみんな目立つところもない郊外の家だよ。僕たちはこのポットラック・パーティーを10年以上も続けてきた。ストリートの一番奥に、木に囲まれた大きな門の歴史ある家がある。僕たちはそこに誰が住んでいるのか全然知らなかった。でも時々、ガレージからギターの音が聞こえていたんだ。

今年、事前の通知もなく突然、そこの住人が近所の集まりに現れ交流することを決めたみたいだ。もちろん誰も、彼が誰か分からなかった。『ジャック・ホワイト、はじめまして』彼は、いつも家を空けていて何年も機会を逃したことを詫びていたらしい。#lifeiswonderful photo by @making_dinner #lookatthesepeople #theyhavenoidea #notelvisdontcare

ジャック・ホワイトは最近、オーストラリアのシンガー・ソングライターであるコートニー・バーネットのシングルを2曲プロデュースしている。

これはジャック・ホワイトによるレーベル「サード・マン・レコード」のブルー・シリーズの一環としてリリースされるもので、「ミルク!・レコーズ」や「リモート・コントロール」といったインディ・レーベルとの共同リリースで、10月16日にリリースされる。

シングルのAサイドには“Boxing Day Blues Revisited”が収録され、これはデビュー・アルバム『サムタイムス・アイ・シット・アンド・シンク、サムタイムス・アイ・ジャスト・シット』の最後に収録されている“Boxing Day Blues”に続くものとなっており、Bサイドにはニック・ケイヴとともにザ・バースデイ・パーティとその前身バンドのザ・ボーイズ・ネクスト・ドアで活動したことで知られるギタリスト、ローランド・S・ハワードが書いたザ・ボーイズ・ネクスト・ドアの楽曲“Shivers”のカヴァーが収録される。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ