GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ボウイは2000年のグラストンベリー・フェスティバルのパフォーマンスを収録したライヴ作品『グラストンベリー 2000』が11月30日にリリースされることが決定している。

2000年6月25日にヘッドライナーとして出演したデヴィッド・ボウイによるパフォーマンスを収録した本作は海外で2CD+DVD、3枚組LP、2枚組CD、デジタルという形態でリリースされ、、今回初めて完全版という形でリリースされる。

このグラストンベリー・フェスティバルでのパフォーマンスは、以前30分に編集された映像がテレビ番組として放送されており、また“Heroes”のライヴ映像も大回顧展「David Bowie Is…」で上映されていたが、完全版として発表されるのは今回が初となる。

また、本作品には元々英『タイム・アウト』誌のために書かれたデヴィッド・ボウイによるダイアリーも掲載されており、彼独特の語り口で、ショウに向かう心境などを綴っている。

「1990年当時から、僕は20世紀として残された時間を、大掛かりなグレイテスト・ヒッツ・ショウを行う事なく耐え抜いてきたんだ。あぁ、わかってるよ、ここ最近のショウでも4、5曲くらいのヒット曲はやってきたけどね、でも、大部分の曲はしばらくプレイしてこなかったんだ。ビッグで、みんなに良く知られている曲は、今年のグラストンベリーに火をつけることになるだろうね。まぁ、もちろんちょっとした運命のいたずらもやるつもりだ」

本作のアートワークはや『ザ・ネクスト・デイ』や『★(ブラックスター)』のアートワークを手がけたるジョナサン・バーンブルックが担当しており、著名な作家のキャトリン・モランによる原稿も掲載される。当時、キャトリン・モランは『タイムズ』紙にこの公演のレヴューを寄稿していた。

グラストンベリー・フェスティバルの主催者であるエミリー・イーヴィスは次のように語っている。「よく人に『グラストンベリーの中で誰が最高だった?』と訊かれることがあるんですが、頭に浮かぶのはいつも、デヴィッド・ボウイの2000年のパフォーマンスです。あの巨大な観衆の目を一瞬にして釘づけにしたあのパフォーマンスには、とても魅せられました。ボウイは会場のワーシー・ファームと深い関係があり、71年に初めてグラストンベリーに出演した時のことを話してくれました。農場にある家に宿泊したこととか、太陽が昇り始めた朝6時にパフォーマンスをしたこととか……とにかく彼は完璧なヘッドライン・パフォーマンスを見せてくれたのです。とても特別で、とてもエモーショナルなショウでした」

マイケル・イーヴィスも次のように続けている。「彼は間違いなく、世代を超えた偉大なるアーティスト3人のうちの1人だ。その3人とは、フランク・シナトラ、エルヴィス・プレスリー、そしてデヴィッド・ボウイさ」

『グラストンベリー 2000』のトラックリストは以下の通り。

CD 1:
Introduction (Greensleeves) / イントロダクション
Wild Is The Wind / 野性の息吹き
China Girl / チャイナ・ガール
Changes / チェンジズ
Stay / ステイ
Life On Mars? / 火星の生活
Absolute Beginners / アブソリュート・ビギナーズ
Ashes To Ashes / アッシュズ・トゥ・アッシュズ
Rebel Rebel / 愛しき反抗
Little Wonder / リトル・ワンダー
Golden Years / ゴールデン・イヤーズ
CD 2:
Fame / フェイム
All The Young Dudes / すべての若き野郎ども
The Man Who Sold The World / 世界を売った男
Station To Station / ステイション・トゥ・ステイション
Starman / スターマン
Hallo Spaceboy / ハロー・スペースボーイ
Under Pressure / アンダー・プレッシャー
Ziggy Stardust / ジギー・スターダスト(屈折する星くず)
Heroes / ヒーローズ
Let’s Dance / レッツ・ダンス
I’m Afraid Of Americans / アイム・アフレイド・オブ・アメリカンズ
DVD:CD と同内容のライヴ・パフォーマンス映像を収録

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ