GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーはザ・ビートルズの映画『レット・イット・ビー』が2020年に50周年を迎えることを記念して、「新たなバージョン」の公開を目指していることを明かしている。

1970年に公開された映画『レット・イット・ビー』は、ザ・ビートルズの最後のスタジオ・アルバム『レット・イット・ビー』の制作過程を収めたものとなっている。マイケル・リンゼイ=ホッグが監督を務めた同作には、1969年の1月にセントラル・ロンドンにあるアップル・コア本社の屋上で行われた、バンドにとって最後となった公衆の前でのライヴ・パフォーマンスも収められている。

ポール・マッカートニーは今回、映画の公開50周年を記念してDVD/Blu-Rayを発売する計画があることを明かしている。また、ポール・マッカートニーによれば、『レット・イット・ビー』の未公開映像を使用した新しいバージョンを収録するという「最新のゴシップ」も披露している。

「新しいバージョンになるかもしれないと思っているんだ」とポール・マッカートニーはカナダのラジオ局「ラジオX」の番組に出演してDJヤニック・トレンブレイに語っている。「それがいわゆる最新のゴシップだね」

Entrevue intégrale avec Paul McCartney – Radio X by Yannick Tremblay

「(再発については)話を進めているところなんだ」と彼は語っている。「アップルでミーティングを行っているんだ。分かるよね、オリジナルのビートルズのアップルのことだよ。今後どうなるのかまったく見当のつかないことの一つでね。そういうわけで、現時点で(明確に)話せることはないんだけどね。けど、僕は『何が起きるんだろうね?』って言い続けることになると思うよ。みんなから訊かれるからね」

「個人的にどうなると思っているかというとね」とポール・マッカートニーは続けている。「新しいバージョンになるかもしれないと思っているんだ。それが最新のゴシップだよ。映像がたくさんあるからね。オリジナル版の映画が公開された時、ある意味でザ・ビートルズの解散についての映画のようになってしまったわけでね。僕にとっては、少し悲しい映画になってしまったんだよ」

「けど、スタッフたちは(未公開の)映像を観ているようなんだ。56時間くらいの映像が収められているんだけどさ。この前、一人にこう言われたんだ。『全体的な雰囲気はすごく楽しくて、高揚感のあるものになっています。音楽制作を楽しんでいるように見えるのです』とね。そういうわけで、新しい映画を作る可能性についても話しているんだ。同じ時代の、同じ映像を編集し直したものをね」

「そこから新しい映画だって作れるかもしれないしね。そういうわけで、誰にも分からないんだ。1年後か、2年後には分かるかもしれないね」

映画『レット・イット・ビー』は、1980年代以降、いかなる形態でも映像商品として販売されていない。2008年にDVDでの再発の話が持ち上がったものの、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターの要望によってこの話はなくなっている。

ポール・マッカートニーは現地時間9月17日にカナダのケベック・シティから最新ワールド・ツアー「フレッシュン・アップ」ツアーをスタートさせている。

NME Japanではこの公演の速報レポートを公開しています。

https://nme-jp.com/reviews/61303/

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ