PRESS

Photo: PRESS

イマジン・ドラゴンズは新曲“Zero”のリリック・ビデオが公開されている。

新曲“Zero”は12月21日に全国公開されるディズニー・アニメーション最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』のエンドソングとして提供されている。

新曲“Zero”のリリック・ビデオはこちらから。

イマジン・ドラゴンズのヴォーカルのダン・レイノルズは新曲“Zero”について次のように語っている。「今のインターネット世代に特有の、アイデンティティや孤独といった問題を扱っている、いろいろな意味でこの時代にぴったりの映画なんだ。自己を受け入れたいというラルフの内面の葛藤に共鳴してね。この曲ではそのことを歌っているんだ」

「ところどころで、アップビートのサウンドに重たい歌詞が現れる。どこかほろ苦い響きが生まれて、それがラルフというキャラクターの複雑さに合っているように思う」

映画の監督の1人であるリッチ・ムーアは次のように語っている。「この曲は、自分には何もない(=ゼロ)、自分には価値がないと思って、自分の存在意義をひとつの友情に委ねてしまった者について描いている。その友情が危機にさらされると不安でいっぱいになる。その曲をエンドソングに選んだのは大胆な選択だった」

もう1人の監督であるフィル・ジョンストンは次のように続けている。「我々はその気持ちに完全に共感できる。この曲は、自分たちは孤独ではないと教えてくれる。イマジン・ドラゴンズはこの映画のテーマを明らかにしてくれたし、聴き手に踊りたいと思わせてくれる力がある」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ