GETTY

Photo: GETTY

リチャード・アシュクロフトは、自身がオアシスのサポート・アクトを務められる唯一のソロ・アーティストだと考える理由を明かしている。

元ザ・ヴァーヴのフロントマンであるリチャード・アシュクロフトは、通算5作目となるソロ・アルバム『ナチュラル・レベル』を10月19日にリリースすることを発表している。今夏にはリアム・ギャラガーのロンドン公演とマンチェスター公演でサポート・アクトを務めているリチャード・アシュクロフトだが、今回、サポート・アクトを務めることについての持論を語っている。

「世界の誰よりも先にステージに上がらせてもらえることを幸運に思っているんだ」とリチャード・アシュクロフトは「ラジオX」に語っている。「要するにこういうことでね。俺の後に出るのであれば、自信を持ってやってほしいんだ。大砲を持ち込んでほしいんだよ。俺はそう呼んでるんだけどさ。大砲っていうのは、その人の曲なんだけどね」

「目の前の5万人の観客たちがどんどんと熱気を帯びてきて、そういう曲を求めているのであれば、俺たちはそれを提供すべきだからね」

リチャード・アシュクロフトは過去にオアシスのサポート・アクトを務めていたことに言及して、続けて次のように語っている。「オアシスとは一緒にやってきたわけだけど、俺は一人でもオアシスのサポート・アクトをやったからね。そのことを奴らにも伝えたことがあってさ、オアシスの前にステージに出られるソロ男性アーティストはこの世で俺一人だっていうね」

「そういう気持ちでやるんだよ。その瞬間に沈み込んでしまわないよう、それを飲み込んで、受け止めるんだ。奴らだってそのことは分かってる。俺たちのオーディエンスは似ているからね。バンドを愛する気持ちは俺にも理解できるし、情熱的になって前のめりになってしまう気持ちも俺には分かるからね」

同じインタヴューの中で、リチャード・アシュクロフトはファンを楽しませることよりも「政治的な」発言をすることに注力するアーティストを批判している。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ