GETTY

Photo: GETTY

スマッシング・パンプキンズのフロントマンであるビリー・コーガンは、『マシーナ/ザ・マシーンズ・オブ・ゴッド』と『マシーナ Ⅱ/ザ・フレンズ&エネミーズ・オブ・モダン・ミュージック』のアルバム2枚を「当初想定されていた」形態で再発する計画があることを明かしている。

スマッシング・パンプキンズは2000年2月に『マシーナ/ザ・マシーンズ・オブ・ゴッド』をリリースしており、それに続く作品として同年の9月に『マシーナ Ⅱ/ザ・フレンズ&エネミーズ・オブ・モダン・ミュージック』をリリースしている。

ビリー・コーガンは当初、2枚のアルバムを同時にリリースすることを試みていたものの、彼のアイディアは前作の『アドア』が想定していたよりも売れなかったことを理由に、当時バンドが所属していたヴァージン・レコードによって退けられている。『マシーナ Ⅱ/ザ・フレンズ&エネミーズ・オブ・モダン・ミュージック』のフィジカル盤は25枚の限定で生産されており、手にすることができた者たちは無料でオンライン上に公開するように促されていた。

ビリー・コーガンは先日、インスタグラムのストーリーでファンとのQ&Aセッションを行っており、その中で『マシーナ』のアルバム2枚を一緒にリリースしたいと思っていることを明かしている。ビリー・コーガンは、スマッシング・パンプキンズが新たなボックスセットをリリースする予定はあるのかという質問に対して次のように答えている。「次は『マシーナ』のボックスセットだよ」

また、別のファンは次のように質問している。「『マシーナ』の再発に関連して聞きたいのですが、『マシーナ Ⅱ』の再発もあるのでしょうか? それとも一枚だけの再発ですか?」

ビリー・コーガンは「当初想定されていたように、2枚のアルバムは一緒にリリースするよ」と答えている。ビリー・コーガンは続けて『マシーナ Ⅱ』はリリースされた当時まだ「未完成」だったとして、今後ストリーミング・サービスでも聴くことができるようになると明かしている。

スマッシング・パンプキンズは2011年に、カタログ作品のリマスター盤を再発する計画の一つとして2013年に『マシーナ』の2枚のアルバムを再発することを発表していたものの、現在までリリースは実現していない。

スマッシング・パンプキンズは、クラシックなラインナップで再結成して以来初となる、一夜限りのUK公演を現地時間10月16日にロンドンのSSEウェンブリー・アリーナで行うことを発表している。スマッシング・パンプキンズは今年7月にアメリカから「シャイニー・アンド・オー・ソー・ブライト」ツアーをスタートさせており、ビリー・コーガンとギタリストのジェイムス・イハ、ドラマーのジミー・チェンバレンがライヴで共演するのは2000年以来となっている。

スマッシング・パンプキンズのフロントマンであるビリー・コーガンは先日、カニエ・ウェストとコラボレーションをする可能性があることを明かしている。ビリー・コーガンはインスタグラムでのQ&Aセッションの中で次のように訊かれている。「今いるアーティストとコラボレーションできるとしたら、誰を選びますか?」

ビリー・コーガンは次のように答えている。「カニエか、もしくは(アリス・イン・チェインズのギタリストである) ジェリー・カントレルだね」。ビリー・コーガンは続けて、カニエ・ウェストについて「聡明で、彗星のような存在だ」と語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ