GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975は2019年に行う大規模なUKツアーを発表している。

ザ・1975は来年1月にロンドンのO2アリーナを含むイギリスでも最大級の会場でツアーを行うという。サポート・アクトはペール・ウェーヴスとノー・ロームが務める。

今回発表されたUKツアーの日程は以下の通り。

JAN 9TH Belfast SSE Arena
JAN 10TH Dublin 3Arena
JAN 12TH Glasgow SSE Hydro
JAN 14TH Cardiff Motorpoint Arena
JAN 16TH Brighton The Centre
JAN 18TH London The O2
JAN 21ST Exeter Westpoint
JAN 23rd Birmingham Arena
JAN 24TH Manchester Arena
JAN 25TH Sheffield FlyDSA Arena

ザ・1975は通算3作目となるニュー・アルバム『ア・ブリーフ・インクアイリー・イントゥ・オンライン・リレーションシップス』を11月30日にリリースすることを発表している。

現時点でアルバムからは“Give Yourself A Try”、“TooTimeTooTimeTooTime”、“Love It If We Made It”の3曲が公開されている。

ザ・1975については4枚目のアルバムも2019年4月にリリースされる予定となっている。

新作についてフロントマンのマット・ヒーリーは以前『NME』に次のように語っている。「僕たちの最初の3枚のアルバムは、1人の人間についてのストーリーなんだ:それはいつだって、ある意味で僕の物語なんだ。思春期から成熟、成功までにわたっていて、最初の2つを介して、3つ目が今いる場所なんだ」

「僕たちが今どこにいるのかはまだ断言できずにいるんだ。現在のことを理解するのってちょっと難しいんだよ」とマット・ヒーリーは続けている。「前作は精神的によくない時期のことについてだったし、その前もそうだった。僕の場合、クリエイティヴ面での探求というのは幸せを導いてくれるものではないんだ。というのも、大抵の場合は、自分の暗い側面に目を向けているからね。そうあるべきなんだよ。まあでも、それが拷問なんだけどさ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ