Jenn Five / NME

Photo: Jenn Five / NME

10月16日にコートニー・バーネットがジャック・ホワイトがプロデュースしたシングル“をリリースすることが明らかになっている。

これはジャック・ホワイトによるレーベル「サード・マン・レコード」のブルー・シリーズの一環としてリリースされるもので、「ミルク!・レコーズ」や「リモート・コントロール」といったインディ・レーベルとの共同リリースになるという。

シングルのAサイドには“Boxing Day Blues Revisited”が収録され、これはデビュー・アルバム『サムタイムス・アイ・シット・アンド・シンク、サムタイムス・アイ・ジャスト・シット』の最後に収録されている“Boxing Day Blues”に続くものとなっており、Bサイドにはニック・ケイヴとともにザ・バースデイ・パーティとその前身バンドのザ・ボーイズ・ネクスト・ドアで活動したことで知られるギタリスト、ローランド・S・ハワードが書いたザ・ボーイズ・ネクスト・ドアの楽曲“Shivers”のカヴァーが収録される。

これらの音源は今夏ナッシュヴィルのサード・マン・スタジオでレコーディングされたという。

“Shivers”のカヴァー音源はこちらから。

コートニー・バーネットは今月末10月29日と10月30日に初来日公演を行うことが決定している。

来日公演の詳細は以下の通り。

大阪  10/29 (木) UMEDA CLUB QUATTRO
open18:00/ start 19:00 ¥5,500(前売/1ドリンク別)
#06-6535-5569(SMASH WEST)

東京  10/30 (金) LIQUIDROOM
open18:00/ start 19:00 ¥5,500(前売/1ドリンク別)
#03-3444-6751(SMASH)

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

http://smash-jpn.com/live/?id=2307

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ