GETTY

Photo: GETTY

プッシー・ライオットは2人のメンバーがモスクワで逮捕されたと発表している。

ヴェロニカ・ニクルシナとピョートル・ベルズィロフは現地時間9月9日にそれぞれ別々の状況で拘束されたという。ヴェロニカ・ニクルシナと友人はモスクワのダウンタウンを運転中に警察と「反過激派工作員」に逮捕されたという。

プッシー・ライオットによれば、当局は乗っている車について「テロリストのための検査」を拒否したため、逮捕されることになったと主張しているという。バンドはヴェロニカ・ニクルシナの写真をツイートして次のように述べている。「我々の活動家であるニカはモスクワの警察署の牢獄の中からみなさんに挨拶をしています。彼女は明日の法廷審問まで夜を過ごすことになるのです。この女性はまったく何もない車のために逮捕されたのです。ワールドカップのあの行動の後も、モスクワの警察は依然として狂っているのです」

一方、ピョートル・ベルズィロフは家を出たところで逮捕されたとのことで、夜を牢獄で過ごすことになったのかは明らかになっていない。

プッシー・ライオットのナジェージダ・トロコンニコワは次のように述べている。「ニカは19条3項のために逮捕されました。これはワールドカップの時に受けたのと同じものです。しかし、今回は友人と車に乗っている時でした。彼女たちは止められ、逮捕されたのです」

プッシー・ライオットはヴェロニカ・ニクルシナと「ロシアの抗議大会の日に逮捕された他の全員」の釈放を警察に呼びかけている。BBCによれば、定年の引き上げに対する反対運動で約300人が逮捕されたという。

ヴェロニカ・ニクルシナとピョートル・ベルズィロフはワールドカップ決勝戦に乱入して逮捕された4人のうちの2人となっている。彼らは15日間の拘置を言い渡されており、今後3年間のスポーツ・イベントへの入場も禁止されている。

彼らは15日間の拘置後に再逮捕されたが、翌日釈放されている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ