GETTY

Photo: GETTY

クランベリーズのドロレス・オリオーダンは検視結果によれば、酒に酔った状態で風呂場で溺れて亡くなったという。

ドロレス・オリオーダンは今年の1月15日に早逝しており、パーク・レーン・ヒルトン・ホテルの部屋の浴槽に沈む形で発見されている。享年46歳だった。

ウェストミンスター検死裁判所による検視結果によれば、検視官は自分で身体を傷つけた傷や証拠は見つけられなかったとのことで、検視官のシャーリー・ラドクリフはドロレス・オリオーダンの死が不慮のものであったと断じている。

本日9月6日はドロレス・オリオーダンにとって47回目の誕生日となっている。

これを受けて「2018年1月15日、私たちは親愛なる友人であり、バンドメイトであるドロレス・オリオーダンを失いました」とクランベリーズの現存するメンバーは声明で述べている。「今日も起こったことに折り合いをつけていくことを続けているところです」

「今日はドロレスの子供たちと家族に思いを馳せ、心からのお悔やみを申し上げます」

バンドは次のように続けている。「ドロレスは彼女の音楽の中で永遠に生き続けます。彼女が人々の人生に与えた前向きなものに目を向けることは、私たちにとって大きな喜びの源泉となっています。困難な時も応援を続け、メッセージを寄せてくれるすべてのファンに感謝します」

「今はプライバシーに御配慮いただければと思います」

3児の母親であるドロレス・オリオーダンは1990年から2003年までクランベリーズのシンガーを務め、2009年の再結成にも参加している。

ドロレス・オリオーダンは1971年にリムリックで生まれている。1990年にオーディションでクランベリーズのシンガーに選ばれた彼女はその後世界的な成功を収め、“Linger”と“Zombie”はそれぞれUKでシルヴァー・ディスクとゴールド・ディスクを獲得している。

亡くなった当時、バンドは次のような声明を発表している。「僕らの友人であるドロレスが亡くなって打ちひしがれています。彼女は破格の才能の持ち主で、ザ・クランベリーズを始めた1989年から彼女の人生を共にできたことを特権的なことだと感じています。世界は今日、真のアーティストを失いました。ノエル、マイク、ファーガル」

クランベリーズの1993年発表のデビュー・アルバム『ドリームス』が発売25周年を記念した4CDボックスセットで10月9日に発売されることも決定している。

今回の4枚組CDボックスにはリマスターされたアルバム音源に加えて未発表曲を多数含むアウトテイク、シングルのB面曲、カセット・デモ、ライヴ音源、ラジオ・セッション等を収録が収録される。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ