Press/Andy Stuart

Photo: Press/Andy Stuart

フー・ファイターズのデイヴ・グロールは、23分の楽曲の7つのパートをすべて自分で演奏する『プレイ』プロジェクトの音源とドキュメンタリーを公開したが、このプロジェクトの日本公式企画として『プレイ』公式バンドメンバーを募集する企画が本日からスタートしている。

応募方法はYouTubeを使用する形と音楽投稿コラボアプリの「Jam Studio(r)」を使用する形の2通りがあり、「Jam Studio(r)」内ではデイヴ・グロールの演奏音源を聴きながら、自分の演奏を録音することができるという。

入選メンバーは、特別審査員の喜多建介(アジアン・カンフー・ジェネレーション)をゲストに迎えたトークセッション及び授賞式への参加権、国内外の著名アーティストが利用する一流スタジオ「ソニー・ミュージックスタジオ」でのレコーディング体験ができる他、その音源をCD化してもらうことができる。また、出来上がったCDはデイヴ・グロールのアツいコメントが入ったスペシャル・パッケージ仕様になるという。

応募の詳細は以下の通り。

・応募資格:
課題曲をコピーできる方で、下記レコーディング日に参加できる方
※曲の基本的な構成を守って頂ければ、自分なりのアレンジを多少加えていただいても構いません。
※複数パートでのエントリーも可能です。
・応募締め切り日:
10月8日(月) 午後12時
・入選者授賞式・特別審査員喜多建介氏をゲストに迎えたトークイベント:
10月15日(月) 都内某所 ※会場及び時間は入選された方に追ってご案内します。
・レコーディング日:
10月20日(土) ※時間は入選された方に追ってご案内します。

応募の詳細はこちらから。

http://www.sonymusic.co.jp/artist/foofighters/event/101255

『プレイ』プロジェクトのインタラクティヴ・サイトはこちらから。

https://play.roswellfilms.com/

『プレイ』の映像はこちらから。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ