GETTY

Photo: GETTY

リリー・アレンは、今月に刊行する回顧録『マイ・ソーツ・エグザクトリー(原題)』の一部が『デイリー・メール』紙でリークされたことを受けて、ツアー中に女性のコールガールと寝たことがあることを明かしている。

リリー・アレンは今回、『デイリー・メール』紙で記事が公開されるのに先立ってインスタグラムで当時について綴っており、あまり好評ではなかった前作『シーザス』のツアー中に「放心状態になり、孤独を感じていた」ことを明かしている。

「そういうわけで、『マイ・ソーツ・エグザクトリー』(9月20日に刊行されるわ)という私の本では、『シーザス』の時期の暗い日々について詳細に綴られているわ」とリリー・アレンはインスタグラムに綴っている。「ツアー中に女性のエスコートと寝たの。放心状態になっていて、孤独を感じていた私は何かを求めていたのよ。誇りには思っていないけど、恥ずかしいとも思っていないわ。もう二度としないけどね。誰かがリークしたせいで『デイリー・メール』がこの記事を明日公開するみたいだけど、実際に起きたことよりも悪く書かれていそうよね。みんなには、そうね、『注意喚起』を出しておこうと思ったの」

リリー・アレンの回想録については、「日々をやり過ごすためのアルコール、薬物、セックスへの依存」を含む「混沌とした半生について描かれている」と評されている。

この回顧録では、アイデンティティを築くために恋愛に依存したことへの苦悩や、音楽への依存が自己探求の手助けとなったことなどが描かれており、他にも「フェミニズム、ゴシップ、財産、偽りのオーガズム、ダメなマネージャー、名声、性的被害、メンタルヘルス、ナルシズム、共依存、フェスティバル、母であること、ストーカー行為、駐車違反」などについて言及されているという。

回顧録についてリリー・アレンは以前次のように述べていた。「私が考えたことには不愉快で、衝撃で、残酷なものもあるかもしれない。でも、素晴らしいこともあって、幸せな時期もある。笑ってもらえるものにするつもりよ」

「私についての本だということは分かってるけど、読んでくれた人にとって多くのことが真実味をもってくれたらと願ってるわ。恥ずかしいものにはならないわ。真実に満ちたものになるはずよ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ