GETTY

Photo: GETTY

サヴェージズのヴォーカリストであるジェニー・ベスはフランスで今年の11月7日に公開される映画『アン・アムール・インポッシブル』に出演していることが明らかになっている。

映画はフランス人作家、クリスティーヌ・アンゴの2015年発表作品『アン・アムール・インポッシブル』を映画化したもので、キャサリン・コフシニが監督を務め、ヴィルジニー・エフィラとニールス・シュナイダーが出演している。

ストーリーは1950年代の若い事務員と裕福な男の「短くも激しい」恋愛を描いたもので、2人は娘をもうけることになる。ジェニー・ベスはこの娘の大人時代を演じている。

作品の概要は次のように述べられている。「これから先の50年、彼女たちの人生は母と娘による無条件の愛によって形成され、男に拒まれた女性の叶わぬ愛と、不在で虐待的な父親に対する娘の叶わぬ愛が影を落とすことになるのです」

サヴェージズは2016年発表の『アドア・ライフ』以来リリースがないが、ジェニー・ベスはゴリラズのツアーでデーモン・アルバーンと共演している。

ロンドン公演ではゴリラズのステージで“We Got The Power”の演奏の際にノエル・ギャラガーやグレアム・コクソンとも共演を果たしている。

ジェニー・ベスは今年のブリット・アウォーズの授賞式で『NME』に対して“We Got The Power”のコラボレーションでゴリラズに参加した際、すべての時間が楽しかったと語っている。

「ゴリラズと何日かヨーロッパとアメリカと南米を少しツアーで回ったんだけどね」と彼女は語っている。「そんなに長いわけじゃなかったんだけど、世界には違うエリアがあることを知ることになったの。素敵だったわ。特にどれだけ懸命に仕事をする人かを見るのはね。なんといっても、デーモンなんだけど、昼も夜も仕事をするのを目の当たりにしたわ」

「彼は日中に新曲のレコーディングを行って、夜はライヴをやって、そして朝は一緒にヨガをするという感じで、本当に刺激的だったわ。基本的に彼らは家族なのよ。スタッフの大半は20年以上にわたって仕事をしてきていて、その家族の一員として受け入れてもらえたのよ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ