PRESS

Photo: PRESS

元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであるジョン・フルシアンテはジョニー・ラモーンの追悼イベントが開催されたハリウッド・フォーエヴァー墓地でファンと記念撮影をして話題となっている。

ジョン・フルシアンテは、現地時間8月26日にハリウッド・フォーエヴァー墓地で開催されたジョニー・ラモーンの追悼イベントを訪れており、ファンとの写真はそこで撮影されている。ジョニー・ラモーンはクリス・コーネルの隣に埋葬されている。

ジョニー・ラモーンの追悼イベントには、グリーン・デイのフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングや、ガンズ・アンド・ローゼズのベーシストであるダフ・マッケイガンとその娘のグレース・マッケイガン、元セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズらが出演してパフォーマンスを行っている。

ジョン・フルシアンテがファンと撮影した写真はこちらから。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーと元ギタリストのジョン・フルシアンテが11年ぶりに一緒に公の場にいたことが明らかになっている。

2009年に脱退して以降、ジョン・フルシアンテはあまり公の場に姿を現しておらず、2012年にロックの殿堂入りを果たしたときも式典への出演を辞退している。

しかし、ジョン・フルシアンテとフリーは公の場で再会を果たし、週末にロサンゼルスで行われたボクシングの試合を一緒に鑑賞する姿が目撃されている。「アルティメット・ギター」によれば、ジョン・フルシアンテとフリーが一緒に写真に写るのは11年ぶりだという。

写真は以下のリンクから。

https://www.facebook.com/redhotchilifamily/posts/1891173780941133

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ