GETTY

Photo: GETTY

ウイ・ケイム・アズ・ロマンスのシンガーであるカイル・パヴォーンが亡くなっている。享年28歳だった。

カイル・パヴォーンの訃報についてバンドはインスタグラムで認め、その早すぎる死に「打ちのめされている」と述べている。

バンドは次のように続けている。「カイルの悲劇的な死は彼とバンドメンバーの人生にあまりに早く訪れました。全員が打ちのめされています」

「彼の笑顔、誠実さ、他人への配慮、その素晴らしい音楽的才能が惜しまれます」

2005年に結成されたウイ・ケイム・アズ・ロマンスだが、クリス・ムーアの脱退を受けてカイル・パヴォーンは2008年に加入している。カイル・パヴォーンは2017年発表の最新作『コールド・ライク・ウォー』を含む5枚のアルバムに参加している。

バンドはインスタグラムで次のように続けている。「花の代わりに来週、チャリティの寄付に関する情報を提供しようと考えています」

「遺族とバンドはこの悲しみと付き合っていくにあたり、ファンとミュージック・コミュニティにこれまでの愛と応援に感謝したいと考えています」

投稿はウイ・ケイム・アズ・ロマンスの楽曲“Promise Me”の一節「Will I Be Remembered or Will I Be Lost in Loving Eyes?」で締めくくられている。

「TMZ」によれば、カイル・パヴォーンは現地時間8月19日に病院へと搬送され、25日に亡くなったという。死因については明らかになっていない。

ソーシャル・メディアでは追悼の声が寄せられており、バンドメイトであるジョシュア・ムーアはカイル・パヴォーンの写真をインスタグラムに投稿し、「最もクレイジーで、最もおちゃめで、面白くて、憎めない奴だった。本当に恋しいよ」というキャプションを添えている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ