GETTY

Photo: GETTY

インターポールはニュー・アルバム『マローダー』より新曲“If You Really Love Nothing”のミュージック・ビデオが公開されている。

インターポールはメキシコからツアーをスタートさせており、“If You Really Love Nothing”はライヴで初披露されていた。

ミュージック・ビデオには『トワイライト』シリーズで知られるクリスティン・スチュワートと映画『ラ・ラ・ランド』への出演で知られるフィン・ウィットロックが出演している。“If You Really Love Nothing”はアルバムの冒頭を飾る楽曲となっている。

ロサンゼルスで撮影され、ハラ・マタールが監督したこのビデオだが、インターポールのフロントマンであるポール・バンクスはクリスティン・スチュワートについて「この役に完璧な女優だった」と語っている。

彼は次のように続けている。「この役をもっとうまく演じられる人がいるとは思えないね。彼女は見事だったし、フィン・ウィットロックの演技も大好きなんだ。これも素晴らしいキャスティングだったよね。クリスティン・スチュワートの悩める相手を美しく演じているんだ」

監督のハラ・マタールについてポール・バンクスは次のように語っている。「ハラは数年前に会って嬉しかった若い監督なんだ。それ以来、僕は彼女のショート・フィルムの大ファンでね。彼女の甘美な色や照明の使い方、洞察力にあふれたダイアログ、ふざけたような指示とかね、それが僕にとっては彼女の好きなところなんだ」

「彼女の作品には控えめなユーモアとドラマと雰囲気がいつもあるんだ。“If You Really Loved Nothing”にもそれはすべて見て取れるよね。インターポールを代表して言うけれど、このコラボレーションを行う機会があって、本当に光栄だよ」

新作『マローダー』のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ