Tim Saccenti / PRESS

Photo: Tim Saccenti / PRESS

ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーことダニエル・ロパティンが9月の来日時にトークイベントに出演することが決定している。

ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーは9月13日に『WIRED』日本版の元編集長でありコンテンツメーカー「黒鳥社」を立ち上げた若林恵がソニーと仕掛ける新プロジェクト、「trialog」(トライアログ)のトークイベント、trialog vol.3「音と視覚のさまよえる宇宙」にスペシャルゲストとして出演することが決定している。

イベントでは、「音と視覚のさまよえる宇宙」をテーマに、OPNの枠にとらわれない、革新的かつ実験的な音楽のルーツや、表現に対する考えを、聴覚、視覚の観点、そしてミクロ、マクロな視点から多面的に議論するという。

イベントの詳細は以下の通り。

trialog vol.3開催概要
日時:2018年9月13日(木)19:00~22:00 ※受付18:30~
会場:CASE W (東京都渋谷区神宮前6-16-23)
テーマ:「音と視覚のさまよえる宇宙」
登壇者:ダニエル・ロパティン/ネイト・ボイス/樋口恭介/水口哲也/若林恵 他
https://trialog-project.com/

初となるバンド編成でのライヴは、前述の映像作家ネイト・ボイスの他、ケリー・モーラン、アーロン・デヴィッド・ロス、そしてアルバムにも参加している気鋭パーカッショニストでドラマーのイーライ・ケスラーをバンド・メンバーに迎えたアンサンブルとなる。

来日公演の詳細は以下の通り。

9月12日(水)SHIBUYA O-EAST
OPEN 19:00 / START 19:30
前売¥6,000(税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

http://www.beatink.com

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ