2015billboard_press_290914

エレクトロニック・ミュージックとクラブ・カルチャーについて痛烈に批判しているスティーヴ・アルビニのメールを使った、エレクトロニック・プロデューサーであるパウエルのミュージック・ビデオが公開されている。

パウエルがニュー・シングル“Insomniac”に、スティーヴ・アルビニがビッグ・ブラック時代に残したライヴ音源のヴォーカルをサンプリングする許可を求めたことを受け、スティーヴ・アルビニは返事を送っている。

パウエルのレーベルであるXLレコーディングスは“Insomniac”の宣伝のため、そのメールの全文を冒頭に掲載した写真の通り、イースト・ロンドンのショーディッチの屋外広告に使用している。

パウエルは同じ文面を動画として取り入れ、新たにグリッチーなミュージック・ビデオに仕立てており、その映像はこちらから視聴することができる。「やっぱりどうでもいい(still don’t care)」もこのミュージック・ビデオでは使用されている。

その動画はこちらから。

スティーヴ・アルビニのパウエルへの返信は次の通り。「私は、この種の音楽のオーディエンスではまったくないんです。機械化されたダンス・ミュージックも、そのバカげた単調さも、そんな音楽を使うクラブも、クラブに行くやつらも、そいつらが使うドラッグも、くだらない会話も、着ている物も、そいつらの揉め事も……とにかくすべてが大嫌いなんです。100パーセント、すべての要素が嫌いです」

さらにスティーヴ・アルビニはこう続けている。「私が好きだったエレクトロニック・ミュージックは、ホワイト・ノイズとか、クセナキス、スーサイド、クラフトワークなんかの作品と、キャバレー・ヴォルテールやSPK、DAFの初期のもので、それは急進的でまったく異なるものです。」

「こういった人々や音楽シーンがダンス・ミュージックやクラブ・ミュージックといったカテゴリに吸収されてしまった時、私は戦いに負けたように感じたものです。私はこの地球上で最もクラブ・カルチャーが嫌いです。だから、あなたがやっていることにも反対だし、そもそも私はあなたがやっていることの敵なんです」

このように述べながらも、パウエルがスティーヴ・アルビニの音源をサンプリング使用することに対しては、「問題ない」と答えている。「わざわざリンクを開いて、音源を聴いていません。というのも主に今いるホテルのインターネット回線がひどいせいだけど、どちらにしても私の興味があるものではないだろうし、私たちお互いにとって良いことにはならないだろうからね。言い換えれば、君が手にしている物なら何でも自由にしてくれて構いません。気にせず、楽しんでください」

このメールを屋外広告として大きくプリントアウトしたいというパウエルの意向に対して、スティーヴ・アルビニは「やっぱりどうでもいい」とコメントしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ