GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーは、先日放送されたアメリカのテレビ番組「ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン」の名物企画「カープール・カラオケ」の拡大版が放送されるという。

この企画はザ・ビートルズの故郷であるリヴァプールで撮影され、6月に番組内でオンエアされている。今回、このエピソードが1時間に拡大され、「カープール・カラオケ:ホェン・コーデン・メット・マッカートニー・ライヴ・フロム・リヴァプール」というタイトルで現地時間8月20日に放送されることが明らかになっている。

今回の拡大版ではロンドンのセントラル・ホール・ウェストミンスターで撮影された未公開映像も放送される。

撮影中、ジェームズ・コーデンとポール・マッカートニーは、ポールが幼少期に過ごし、名曲“Penny Lane”内にも登場する、ポールが暮らした家も訪ねている。ポール・マッカートニーはまたリヴァプールのパブで貴重なライヴを披露し、地元の人々を驚かせている。

「ポール・マッカートニーのカープール・カラオケの反響には圧倒されています。制作することができて非常に嬉しかったですし、特別なものになると分かっていました。しかし、これだけ多くの人に観て楽しんでもらえたのは本当に素晴らしいことです」と「ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン」のエグゼクティヴ・プロデューサーであるベン・ウィンストンは語っている。「ポールの音楽は、特に現在となっては、老いも若きも、あらゆる世代に語りかけ、共感を呼んでいると思うのです」

「音楽に込められたメッセージはこれまで同様、現代にも通ずるものとなっています。撮影後、編集室で私たちは時間の問題で多くの気に入っている場面を削らなければなりませんでした。リヴァプールのパブでポールがライヴをやった場面はもちろんのこと、ジェームズと彼が車で会話をしている場面についてもです。CBSが今回のカープール・カラオケで1時間のゴールデン特番を作らせてくれることが嬉しいですし、これで、みなさんにもそのライヴや会話の魅力をさらに観ていただけます」

ポール・マッカートニーは来たる待望のニュー・アルバムのリリース後となる10月から11月にかけて新たなツアー「フレッシュン・アップ」ツアーで来日公演を行うことが決定している。

今回の来日公演では東京ドーム公演に加えて、ポール自身にとって日本で初めてとなる名古屋公演を行うことも決定している。

チケットは本日8月8日(水)午前8時より8月14日(火)23時59分までチケットぴあ先行最速プレリザーブ(抽選)で受け付けられている。

http://w.pia.jp/t/paul/        

来日公演の詳細は以下の通り。

10月31日(水)東京ドーム
OPEN 16:30/START 18:30(予定)
S席:18,500円、A席 :16,500円、 B席:14,500円

11月1日(木)東京ドーム
OPEN 16:30/START 18:30(予定)
S席:18,500円、A席 :16,500円、 B席:14,500円

11月8日(木)ナゴヤドーム
OPEN 16:30/START 18:30(予定)
S席:18,500円、A席 :16,500円、 B席:14,500円

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

http://freshenup-japantour.jp

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ