GETTY

Photo: GETTY

ビースティ・ボーイズのアダム・ヤウクの功績を讃える体験型サイトが新たに公開されている。

ビースティ・ボーイズの結成メンバーの1人であるアダム・ヤウクは、3年間にわたる癌との闘病生活の末に2012年に亡くなっている。享年47歳だった。

今回、ミュージシャンとしての彼のキャリアや功績を初め、映画やチャリティにおける功績などを見ることのできる「ザ・ハウス・ザット・ヤウク・ビルト」と題されたサイトが公開されている。アダム・ヤウクは音楽のキャリアの他に、映画会社「オシロスコープ・ラボラトリーズ」の設立を初め、映画やミュージック・ビデオの監督を務めたほか、チベットの独立を支援する非営利団体「ミラレパ基金」を設立したことでも知られている。

オシロスコープ・ラボラトリーズは現地時間8月2日にレッドブル・ミュージック・アカデミーと映像制作会社のメディアモンクスと共同で「ザ・ハウス・ザット・ヤウク・ビルト」を公開している。「ザ・ハウス・ザット・ヤウク・ビルト」については、最近までオシロスコープ・ラボラトリーズによって所有され、アダム・ヤウクのレコーディング拠点でもあったカナル・ストリート・スタジオという「歴史的な空間をファンが隅々まで探求することのできるデジタルの旅」と説明されている。

説明は次のように続いている。「ヴィンテージもののニーヴのサウンドボードから、オシロスコープのヴィジュアル作品、MTVのトロフィー、その他の貴重なアイテムに至るまで、訪れた人たちはビデオや写真、音源、文章を通して総合的な体験をすることができるようになるのです」

「ザ・ハウス・ザット・ヤウク・ビルト」では、俳優のセス・ローゲンがビースティ・ボーイズからの影響を語る映像や、バンドメイトのマイクDが同時多発テロ後に仕事に復帰することについて語る映像など、これまで未公開だった映像も観ることができる。

「ザ・ハウス・ザット・ヤウク・ビルト」のサイトはこちらから。

http://oscilloscope.redbullmusicacademy.com/panorama/main_01

ビースティ・ボーイズについては先日、回想録の詳細が発表されている。『ビースティ・ボーイズ・ブック(原題)』と題されたこの回想録には、女優のエイミー・ポーラーや小説家のコルソン・ホワイトヘッド、スパイク・ジョーンズ、ウェス・アンダーソン、作家のリュック・サンテらも参加しており、今年の10月30日に刊行される。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ