GETTY

Photo: GETTY

P!NKは最新作より“Secrets”のミュージック・ビデオが公開されている。

P!NKは通算7作目となるアルバム『ビューティフル・トラウマ』を昨年10月にリリースしている。国際レコード・ビデオ製作者連盟によれば、同作は2017年に全世界で最も売れたアルバムで3位にランクインしている。

“Secrets”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Secrets”は『ビューティフル・トラウマ』からの4枚目のシングルとなっている。

P!NKについてはアヴリル・ラヴィーンと共に、ケシャがドクター・ルークから名誉毀損で訴えられてる裁判で、彼女を擁護する文書を提出していたことが明らかになっている。

エンタテインメント情報サイト「ザ・ブラスト」によって入手された文書によれば、P!NKとアヴリル・ラヴィーンの両者は、自分たちがドクター・ルークと仕事をするのを止めたのはケシャの影響によるものではないと綴った宣誓供述書を提出しているという。「ザ・ブラスト」のウェブサイトには、アヴリル・ラヴィーンと、P!NKが本名のアレシア・ムーアの名前で署名したという文書の写真が公開されている。

文書には次のように綴られている。「私が2006年以降ドクター・ルークと仕事をしていない理由は、ケシャ・セバートや彼女の発言、彼女の行動などとは一切関係がありません」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ