Wunmi Onibudo

Photo: Wunmi Onibudo

ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーは最新作より2本のミュージック・ビデオが公開されている。

ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーは今年5月に最新作『エイジ・オブ』をリリースしており、7月27日にはアルバム収録曲と未発表曲を収録したEPを2枚同時リリースすることも決定している。

今回公開された2本のミュージック・ビデオはいずれもEPに収録されるアルバム収録曲で、“The Station”のミュージック・ビデオは気鋭のアニメーション作家であるディレン・スーが監督を務め、“We’ll Take It”のミュージック・ビデオは長年のコラボレーターでもあるネイト・ボイスとラスト・ルネサンスが手がけている。

それぞれのミュージック・ビデオはこちらから。

デジタルEP『ザ・ステーション』と12” EP『ウィル・テイク・イット』には、同じ3曲が追加収録される。1曲は国内盤のボーナストラックでもある“Trance 1”で、元々はボイジャー探査機の打ち上げ40年を記念して制作された映像作品「ディス・イズ・ア・メッセージ・フロム・アース」に提供された曲となっている。加えて“Monody”と“Blow by Blow”という完全未発表の2曲が収録される。

ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーは9月に来日公演を行うことが決定している。

リリースの詳細は以下の通り。

label: Warp Records
artist: Oneohtrix Point Never
title: The Station
release date: 2018/09/27 FRI ON SALE
1. The Station
2. Monody
3. Blow by Blow
4. Trance 1

label: Warp Records
artist: Oneohtrix Point Never
title: We’ll Take It
release date: 2018/09/27 FRI ON SALE
輸入盤12inch (WAP424)
国内流通100枚限定
A1: We’ll Take It
A2: Monody
AA1: Blow by Blow
AA2: Trance 1

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ