GETTY

Photo: GETTY

チャンス・ザ・ラッパーはニュー・アルバムが今週リリースされるのではないかという報道を否定している。

グラミー賞を受賞した『カラーリング・ブック』を2016年にリリースしているチャンス・ザ・ラッパーだが、次回作はまもなくと見られている。

『シカゴ・トリビューン』紙のインタヴューでチャンス・ザ・ラッパーは現地時間7月21日に開催されるパラリンピック50周年記念コンサートに間に合わせる形でアルバムをリリースしたいと語ったと報じられていた。

しかし、今回、チャンス・ザ・ラッパーは新曲がすぐさまリリースされるという報道を否定している。「申し訳ないけど、今週アルバムが出ることはないんだ」と彼はツイートしている。「スタジオにいたことは間違いないけどね」

チャンス・ザ・ラッパーはアルバムについてのそれ以上の言及を避けているものの、少なくともカニエ・ウェストと取り組んでいるジョイント・アルバムではないことは判明している。

チャンス・ザ・ラッパーは先日、カニエ・ウェストと共に両者の地元であるシカゴでアルバムを制作しようとしていることを認めている。

「彼の下で音源に取り組んだり、彼とアルバムを共作するなんて信じられないことなんだけど、僕のアルバムをプロデュースするためにシカゴに来たいって言ってくれたんだ」とチャンス・ザ・ラッパーはシカゴのニュース番組「ウィンディ・シティ・ライヴ」で語っている。

「今月、僕たちはシカゴで取り組むつもりだよ」

チャンス・ザ・ラッパーの新作については依然として状況は見えないものの、彼は「30%は完成している」と語っており、アルバムではガールフレンドであるカースティン・コーリーとの婚約にも言及していることを明かしている。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ