GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはハイド・パークで行われたポール・サイモンの公演を訪れたことが明らかになっている。

ポール・サイモンは現地時間7月15日にブリティッシュ・サマー・タイム・フェスティバルの一環としてハイド・パークで公演を行っている。今回のツアーは「ホームワード・バウンド」と題されており、最後のヨーロッパ・ツアーとなることが発表されている。

『デイリー・メール』紙によれば、ノエル・ギャラガーは妻のサラ・マクドナルド、そして2人の息子である10歳のドノヴァン、7歳のソニーと共に会場を訪れ、VIPエリアでコンサートを楽しんだという。

なお、ポール・サイモンは通算14作目となるスタジオ・アルバム『イン・ザ・ブルー・ライト』が海外で9月7日に、日本盤が9月26日にリリースされることが決定している。

本作は60年代以来の盟友となるロイ・ハリーと共にポール・サイモンが共同プロデュースした作品で、これまでの作品群から本人がお気に入りの10曲に新解釈を加えたものとなっている。

ポール・サイモンは本作について次のように語っている。「このアルバムに収められた曲は、僕にしてみれば “ほぼ正しい” と思える、一度目は見過ごされてしまった、ちょっと変わった曲の数々だ。アレンジをやり直し、ハーモニーの構造を見直し、曖昧だった歌詞を書き換えることで僕自身、頭の整理ができた。自分は何を言いたかったのか、その当時、何を考えていたのか。そうして、より分かりやすいものに生まれ変わらせることができたんだ」

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ