GETTY

Photo: GETTY

ミューズは行方不明者のアンドリュー・ゴスデンについての情報を呼びかけるチャリティ「ミッシング・ピープル」を支援している。

バンドは7月12日にUKとアイルランドで『ドローンズ』ツアーの映像作品を450の劇場で公開する際に、作品公開前にチャリティで「ミッシング・ピープル」によるショート・フィルムを上映するという。

今年の7月10日で25歳の誕生日を迎えたアンドリュー・ゴスデンは2007年9月14日に行方が分からなくなっている。ミューズの大ファンだった彼は14歳の時に行方不明となっている。年齢を重ねた容姿を予想した写真も公開されている。

「すべてのバンドの中でもアンドリューが最も追い続けていると思われるのがミューズなのです」とアンドリューの父親であるケヴィン・ゴスデンは情報提供に対するミューズの支援について語っている。「2009年にバンドは数人のヴォランティアと共にシェフィールド・アリーナやO2アリーナ公演でチラシを撒くことを許可してくれました。そうした機会を与えてくれたことについては常にミューズに感謝してきました」

「アンドリューについての情報を呼びかける新たな機会を与えてくれたことに本当に感謝していて、この気持ちを的確に表現する言葉が見当たりません。こんなにも大きなことと思うのは、正直、いい反応が返ってくるとは予想していなかったからです。だから、バンドとマネージメントに深く感謝しているのです」

アンドリュー・コスデンに関する情報をお持ちの方は電話やメール、警察を通して「ミッシング・ピープル」と連絡を取ることができるという。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ