GETTY

Photo: GETTY

マニック・ストリート・プリーチャーズのニッキー・ワイアーはガンズ・アンド・ローゼズの『アペタイト・フォー・ディストラクション』を初めて聴いた時のことを振り返っている。

ガンズ・アンド・ローゼズのデビュー・アルバムである『アペタイト・フォー・ディストラクション』はオリジナルのリリースから31年を経て、先週再発されている。

ニッキー・ワイアーは「確か」アルバムを聴いたのはバンドメイトであるジェームス・ディーン・ブラッドフィールドの「南ウェールズにある小さなテラスハウス」だったとして、それは「彼が最初にアルバムを手に入れて、のめり込んでいた」からだとしている。アルバムが与えた影響についてニッキー・ワイアーは次のように語っている。「ロックにロールを取り戻したよね。当時、ハード・ロックは行き詰まっていて、アメリカのヘア・メタル・バンドなんかばかりで、グランジはまだ起こってなかったからね」

彼は次のように続けている。「ガンズ・アンド・ローゼズのアルバムには不幸なことに失われていたスウィングと危うさがあったんだよね。ザ・ローリング・ストーンズの美学を更新するようなところがあってさ。よりロックな文脈でね。ああいう音楽を聴くことが俺たちにとってはすごく救いだったんだよ」

ニッキー・ワイアーは先日『NME』に最近リリースされたアルバムから刺激を受けていることを語っている。「アークティック・モンキーズの新作には刺激を受けたよね。歌詞の面で、あれは傑作だよね」と彼は語っている。「あれは歌詞として過去最高のアルバムの一つだよ。韻もトピックも内容も離れ業だよ。すごくインスピレーションを感じると思ってね。“Four Out Of Five”を初めて聴いた時、すごく面白いと気付かされたんだよね」

マニック・ストリート・プリーチャーズはザ・キュアーのロバート・スミスのキュレーションによる今年のメルトダウン・フェスティバルの出演者の1組となっていて、6月19日に行われた公演でザ・キュアーの“‘In Between Days”をカヴァーしている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ