PRESS

Photo: PRESS

ジャスティン・ティンバーレイクは突如ニュー・シングルを発表し、ドレイクと再び一緒に音源に取り組む可能性について語っている。

今年、『マン・オブ・ザ・ウッズ』というアルバムもリリースしているジャスティン・ティンバーレイクだが、今回“SoulMate”というニュー・シングルを突如公開している。楽曲はドレイクやニッキー・ミナージュと仕事をしてきたナインティーン85によるプロデュースで、YouTubeの説明欄には「夏が始まった」と記されている。

“SoulMate”の音源はこちらから。

ジャスティン・ティンバーレイクは「コンプレックス」に対してドレイクと再びコラボレーションする可能性についても語っている。「僕らはたくさん話をしていてね」と彼は語っている。「あまり多くは言いたくないけどね。だって台無しにしたくはないからね。でも、僕らはいろいろ話をしているんだよ」

ジャスティン・ティンバーレイクとドレイクは2013年発表のアルバム『20/20 エクスペリエンス 2/2』でコラボレーションしており、ドレイクは“Cabaret”に参加している。

先日、ジャスティン・ティンバーレイクはヨーロッパ・ツアーの延期を発表し、3公演をキャンセルしている。ヨーロッパ・ツアーは6月22日のパリ公演からスタートする予定だったが、同公演は7月3日に延期されている。

それに伴ってグラスゴーのSSEハイドロ・アリーナ公演も7月5日から7月7日に延期されており、バーミンガム公演とマンチェスター公演はそれぞれ8月27日と8月29日に延期されている。

ヨーロッパ・ツアーの日程は以下の通り。

Paris, AccorHotels Arena (July 3,4)
Glasgow, SSE Hydro (7)
London, The O2 (9,11)
Amsterdam, Ziggo Dome (15)
Antwerp, Sportpaleis (17)
Cologne, Lanxess Arena (21)
Stockholm, Friends Arena (31)
Oslo, Telenor Arena (August 2)
Copenhagen, Royal Arena (4)
Hamburg, Barclaycard Arena (8)
Berlin, Mercedes-Benz Arena (12)
Zurich, Hallestadion (16)
Frankfurt, Festhalle (20)
Arnhem, Gelredome (24)
Birmingham Arena (27)
Manchester Arena (29)

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ