GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのドラマーであるテイラー・ホーキンスは先日のガンズ・アンド・ローゼズのメンバーとの共演について語り、アクセル・ローズが観客から「石を投げられること」を心配していたことを明かしている。

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズとスラッシュ、ダフ・マッケイガンは、現地時間6月14日に行われたフー・ファイターズのイタリア公演に飛び入り参加して、一緒にガンズ・アンド・ローゼズの“It’s So Easy”を披露している。

テイラー・ホーキンスは「Beats 1」のマット・ウィルキンソンの番組に出演して、ガンズ・アンド・ローゼズのメンバーとの共演やアクセル・ローズとのやり取りについて語り、アクセル・ローズがニルヴァーナとの過去の確執を心配していたことを明かしている。アクセル・ローズとカート・コバーンの昔の確執はよく知られたところで、1992年にはMTVビデオ・ミュージック・アウォーズで口論になっている。

「俺たちはフー・ファイターズとガンズ・アンド・ローゼズのマッシュアップをやったってわけだ。あれは素晴らしかったね」とテイラー・ホーキンスは語っている。

「アクセル(・ローズ)は俺たちのアンコールが終わるまで待っていてくれてね。俺たちのショウは長過ぎるから、他の人たちはホテルに戻ってしまっていたんだけどさ。けど、アクセルは本当に優しくて、アンコールが終わるまで待っていてくれたんだ。ずっとアクセルが視界に入ってたからさ、『マジかよ!』って思ったよね。『嘘だろ、アクセル・ローズがまだ俺のドラム・プレイを観てるよ!』っていうね」

テイラー・ホーキンスは次のように続けている。「その後でアクセルに会った時に『素晴らしかったです。もし早く叩きすぎていたらすみません』って伝えたんだ。そしたら彼は、『いや、完璧だったよ』って言ってくれてね。そしたら、『ステージに出た時に誰も俺に石を投げてこなくて安心したよ』って言うんだ。『あなたはアクセル・ローズじゃないですか! みんなあなたのことは大好きですよ! もう1992年じゃないんですから!』って俺は言ったよ」

「君も指摘していたけど、アクセル・ローズがステージに現れた時には、俺たちもミュージシャンとして目を輝かせたよ。彼は凄まじいフロントマンだからね。スラッシュもいたし、ダフ(・マッケイガン)も素晴らしかった。アクセルは当時のことが気がかりだったんだろうね。けど、それはもう終わったし、すべては音楽だからね」

テイラー・ホーキンスのインタヴューはこちらから。

同じインタヴューの中で、テイラー・ホーキンスはニルヴァーナの“Smells Like Teen Spirit”を初めて聴いた時のことについても語っている。

「座ってMTVが始まるのを待っていたんだ。ほら、昔はみんなそうやってビデオを観てただろ……それで、流れてきたんだよ!」とテイラー・ホーキンスは語っている。「『マジかよ!』って思ったね。あの瞬間は、アメリカの子供たちが『エド・ サリヴァン・ショー』でザ・ビートルズを観た時に味わったものとまさに同じものだったと思うよ」とテイラー・ホーキンスは語っている。

「何というか本当に、外の世界を照らす色が変わったのを覚えているんだ……彼らが『ネヴァーマインド』を作っている時に、自分たちがこれから何をしようとしているのかに気がついていたかは分からないけど、彼らは完璧で、真新しい、それでいて大胆な素晴らしいアルバムを作り上げたんだよ」とテイラー・ホーキンスは続けている。

「その後で彼らがそれに対して示した回答は、真新しさを少し弱めた、しわがれ声を多く取り入れたアルバムを作るというものでね。けど、カート・コバーンは、完璧で美しい、素晴らしいメロディーと取り憑かれるような歌詞が備わった曲を書かずにはいられなかったんだ。それに、バンドも本当に素晴らしいからね!」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ