GETTY

Photo: GETTY

エックスエックスエックステンタシオンの殺害に関して、警察が容疑者と見られるもう一人の男の名前を発表している。

20歳だったラッパーのエックスエックスエックステンタシオンは現地時間6月18日に、フロリダ州のフォート・ローダーデールでバイクを買いに行っていたところを銃撃され、搬送先の病院で亡くなっている。

既に22歳のデドリック・D・ウィリアムスが逮捕されて、1級殺人の罪で起訴されているが、今回、地元テレビ局「WPLG」の報道によれば、ブロワード郡の保安官事務所はもう一人の容疑者の名前を公表しているという。

警察は22歳のロバート・アレンという男をエックスエックスエックステンタシオンの殺害に関与していると見て行方を追っている。警察によれば、ロバート・アレンは過去にもブロワード郡での逮捕歴があるとのことで、2016年に22回の身分詐称を行った容疑で逮捕されているという。

エックスエックスエックステンタシオンが殺害された事件については、現地時間6月23日にさらなる詳細が明らかになっている。『ニューヨーク・タイムズ』紙が入手した担当刑事の口述書によれば、デドリック・D・ウィリアムスともう一人の男がエックスエックスエックステンタシオンをバイクショップまで尾けて、SUVで彼の逃げ道を塞いだ上で駐車場で犯行に及んだという。

デドリック・D・ウィリアムスについては、防犯カメラに写っていた彼のオレンジのサンダルから容疑者に浮上している。警察が防犯カメラの映像を写真に起こして捜査を進めていたところ、デドリック・D・ウィリアムスが「まったく同じものか類似したオレンジのサンダル」を履いている写真を自身のインスタグラムに投稿していることが判明したという。

一方、エックスエックスエックステンタシオンの遺族は先日、彼の姿を見ることのできる一般公開の追悼式典を現地時間6月27日にNHLフロリダ・パンサーズの本拠地であるBB&Tセンターで開催することを発表している。

追悼式典の開催はエックスエックスエックステンタシオンの公式インスタグラム上で発表されている。インスタグラムにはフライヤーの画像が投稿されており、キャプションには次のように綴られている。「ファンの皆さん、彼に最後のお別れを言いに来てください。彼に会う最後の機会となります」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ