Mark Seliger / PRESS

Photo: Mark Seliger / PRESS

シェリル・クロウはセイント・ヴィンセントが参加した新曲“Wouldn’t Want to Be Like You”が公開されている。

シェリル・クロウは昨年4月に通算10作目となる最新作『ビー・マイセルフ』をリリースしているが、“Wouldn’t Want to Be Like You”はそれ以来の新曲となっている。

“Wouldn’t Want to Be Like You”の音源はこちらから。

シェリル・クロウは今回のコラボレーションについて次のように語っている。「彼女に電話をして、『この曲に死ぬほどセイント・ヴィンセントらしさを加えたいわ』って伝えたの。『曲が気に入らなくても、私は傷つくことはないわ』ともね。それで、曲を送ったら、彼女の答えは『最高!』ってものだったの」

セイント・ヴィンセントは次のように続けている。「シェリルが一緒にやろうと連絡をくれたのは光栄だったわ。だって、素晴らしいシンガーで、プレイヤーで、ソングライターで、そのうえ最高の女性だからね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ