GETTY

Photo: GETTY

エックスエックスエックステンタシオンの遺族は彼の姿を見ることのできる一般公開の追悼式典を開催することを発表している。

20歳だったラッパーのエックスエックスエックステンタシオンは現地時間6月18日に、フロリダ州のフォート・ローダーデールでバイクを買いに行っていたところを暗い色のSUVに乗った2人組の男に銃撃され、搬送先の病院で亡くなっている。その後、エックスエックスエックステンタシオンの殺害容疑で1人の男が逮捕されている。

追悼式典の開催はエックスエックスエックステンタシオンの公式インスタグラム上で発表されている。インスタグラムにはフライヤーの画像が投稿されており、キャプションには次のように綴られている。「ファンの皆さん、彼に最後のお別れを言いに来てください。彼に会う最後の機会となります」

追悼式典は、現地時間6月27日の正午から夜6時にかけてNHLフロリダ・パンサーズの本拠地であるBB&Tセンターで開催される。また、フライヤーには「携帯電話やカメラの持ち込みは禁止いたします」とも綴られている。「そのような機器をお持ちのお客様を発見した際には、直ちにご退場いただくか、もしくは出口までお連れさせていただきます。その場合の施設への再入場は認めません」

一方、ロサンゼルスでファンらが集まって行われたエックスエックスエックステンタシオンの追悼集会は警察によって中止させられている。ファンはロサンゼルスのメルローズ・アヴェニューに集まって彼の曲を合唱するなどしていたものの、現場は混乱に転じたという。

一部のファンはロサンゼルス警察がペッパーボールやゴム弾の銃を使ってファンらを解散させたと証言している。

また、『ニューヨーク・タイムズ』紙が入手した警察の口述書によって、エックスエックスエックステンタシオンの殺害に関する新たな情報も明らかになっている。それによって彼が襲われた時間帯や具体的な流れが明らかになっているほか、現地時間6月25日に刑事裁判に出廷する予定となっているデドリック・D・ウィリアムス容疑者については、履いていたサンダルから彼が容疑者の可能性が浮上したことが明らかになっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ